トップページに戻る

つどいの杜では心から安心して快適に暮らしていただくために、保険薬局で長年培ってきたきめ細かいサービスを提供します。

入居者様の真のニーズを日々追求し、介護体制やお食事、住環境などあらゆる面にこだわることで、、人生で最も豊かで自由な時間を、満喫していただきたいと考えています。

施設の規模や設備の豪華さでなく、入居者様とスタッフとの心と心のふれあいにより生まれる信頼や笑顔が、本当の介護環境に必要なもとの考えています。

昨年7月に発生した九州北部豪雨で被災された方々に、心よりお見舞いを申し上げるとともに、一日でも早い被災地の復興をお祈り申し上げます。 弊社の泗水中央薬局、内牧中央薬局も被災し、薬局が1m程水没しましたが、地域の方々、関係者の方々のご尽力もあり、早い段階で薬局を再開することができました。これからも地域の皆様に頼られる薬局として、貢献してまいりたいと思います。

 

私たち泗水中央薬局グループは平成7年に創業し、これまで地域の皆様に支えられ保険薬局を営んでまいりました。地域の医療機関等と連携し、在宅の薬剤管理や緩和医療に積極的に取り組む中、介護サービスの必要性を日々感じておりました。そのような中、昨年5月に保険薬局の運営としては、熊本県で初めて介護付有料老人ホーム「つどいの杜」をオープンすることができました。地域の方々、関係者の方々に心より感謝申し上げます。

 

「泣き」、「笑い」、「喜び」、「哀しみ」を感じられる、人が人らしく生きられる場所であるために、保険薬局運営で培ってきたきめ細かいサービスを提供し、地域の皆様に愛される老人ホームを目指してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

運営方針

1.入居者様の自主性を尊重し加齢に伴う身体機能の低下を防止する等、 基本的な生活習慣の維持向上を目指します。

 

2.安全性に配慮した生活空間(設備)の最大利用を図り、個人の生活を尊重し、安らぎの場として利便性を高めます。

 

3.誰もが利用できる解放されたホームを目指します。

地域行事への参加はもとより、施設行事への招待等、地域住民との交流を積極的に進め、地域に根ざした生活環境づくりに努めます。
これまでの保険薬局として培ってきたノウハウと地域での取り組みを活かし、地域の医療及び介護機関との連携を図ります。
入居者様の状態に応じて適切な介助や援助を行います。
寝たきりの防止のため、出来る限り離床に配慮します。生活のリズムを考え、毎朝夕の着替えを行うよう配慮します。
機能訓練指導員により入居者様の身体状況に適した機能訓練を行い、身体機能の低下を防止するよう努めます。
育てる喜び、収穫の喜びを得ることによる心身の健康維持に努めます。
日常的なレクリエーションや季節に応じた行事を行い、心身のリフレッシュに加え、入居者様間の交流につながる多目的な活動を行います。
事業主体
有限会社泗水中央薬局 代表取締役 稲葉一郎
施設名
つどいの杜
所在地
熊本県菊池市泗水町豊水3727-1
開設日
平成24年5月1日
交通
熊本電鉄バス 高江バス停 徒歩0分
敷地面積
1402.43㎡
建物概要
鉄筋コンクリート造 5階建て 延べ床面積  2,730.86㎡
居室総数
介護居室 60室(全室個室)
定員
60名(要介護1~5の方)
協力医療機関
主な診療科名
1

国立病院機構

熊本再春荘病院

呼吸器科、神経内科、循環器科、代謝内科、消化器科、リハビリテーション科、外科、整形外科、放射線科、麻酔科、リウマチ科 

2
清原医院
内科
3
古賀医院
内科、循環器科
4
中山歯科医院
歯科
類型
介護付有料老人ホーム(一般型)
居住の権利形態
建物賃貸借方式
入居時の要件
要介護 1~5の方
介護保険
県指定特定施設入居者生活介護
介護に関わる職員体制
3:1以上
▲ページの先頭へ